ワインと本

ワインを飲みながら谷崎純一郎を読むという風景を実現したかった。それで、近所のイタリアンバーに行った。小さなカバ…